深セン市政府ポータルサイト
なぜ深センを選ぶのか?
提供元: 深セン市商務局
発表時間: 2021-06-26 15:06

アジア・太平洋のハブ

 深センは香港に隣接し、立地的に特殊な優位性に恵まれています。「一帯一路」を提唱し、アジア・太平洋地域の重要な交通ハブでもあります。深センは国際的な深水港区、大型国際空港、最大陸路口岸(出入国検査場)があり、重要な高速道路、国家鉄道及び旅客輸送専用路線がここで合流しています。

 深センが位置する珠江デルタは世界でも比類ないインフラ条件を備えています。深センを中心として、車で1時間以内にさまざまな産業付帯部品を調達することができ、科学研究の成果は速やかに革新的な製品を生み出すことに活かすことができます。深センは世界で最も市場との距離が短い、「ゼロ距離」であり、香港との通関は24時間対応可能で、23分で深センから香港まで到達することができ、1時間で香港国際空港まで到達することができます。製造した製品を出荷すれば、1時間以内に深センと香港の口岸を通じて世界各地に輸送することができます。

 『外国直接投資(FDI)』誌において、深セン市は「アジア太平洋未来都市トップ10」にランクイン

 『中国都市軌道TOD発展指数報告書』において、深セン市は都市地下鉄総合ランク1位を獲得

 国際航空旅客数の成長率は全国1位

 2020年、わが市の輸出入額は3兆502億5,000万元、規模は全国大中都市において第2位

 2020年、コンテナ取扱量は2655万TEUで、世界ランキングは第4位

イノベーションの都

 イノベーションは深センの遺伝子です。深セン市は都市を基本単位とする中国初の国家自主イノベーションモデル区であり、国際科学技術と産業イノベーションセンターの構築を日々加速させています。電子情報、インターネット、バイオ、新エネルギーなどの産業はトップレベルにあります。深センはファーウェイ(華為)、ZTE(中興)、テンセント(騰訊)、BYD(比亜迪)、BJI(華大基因)、DJI(大疆)、KuangChi Science(光啓)、ROYOLE(柔宇)など数多くのハイテク企業を輩出しており、名実ともに「イノベーションの都」と言えるでしょう。

 深センは全国のイノベーション起業環境で最も優れた都市の1つに選出

 フォーブス・チャイナが発表した「2018年版 最も革新力のある30都市ランキング」で、深センは引き続き首位を維持

 PCT国際特許出願件数は17年連続で全国トップを保持

 中国科学技術情報研究所が発表した『国家革新型都市革新能力評価報告書2019』においては、深センの革新能力は72の革新型都市ランキングで1位を獲得

 国家級ハイテク企業数は北京に次ぐ全国第2位、2020年には1万8,650社に達し

 英『エコノミスト』誌は深センを「シリコンデルタ」と呼ぶ

開放包容

 深センは中国の対外開放の窓口であり、新興の移民都市でもあります。大量のハイレベルの人材が集まる、非常に活気にあふれた都市です。「来たら、もう深セン人」というキャッチフレーズのように、深セン独特の人口構造は強い人材活力と市場活力を生み出し、開放・包容・革新という多文化の特質を形成しています。ここでは、各国の異なる文化や思想が融合し、さまざまなイノベーション、アイデア、発想、創造が続出し、深センは「世界起業家の都」となっています。

 深センはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)から「世界読書モデル都市」という称号を授与

 深センの登録志願者は175万人を突破

 深センは「全国調和コミュニティ建設モデル都市」という称号を獲得

 深センは5回連続で「全国文明都市」と評価

 深センでは常住人口の95%は外来移民

 深センの労働年齢人口の比率は90%超

 深セン市在住市民の平均年齢は約32.5歳

市場活力

 深センは中国大陸内で最も「市場化」された都市であり、また中国初の経済特区であり、市場経済の発展は十分で整っています。市場環境は公平であり、企業を十分に尊重しています。2020年、深セン市の総生産は2兆7,700億元を突破し、世界で最も発展が速い都市の一つとなり、かつての辺境のまちであった深センは中国経済における最も発達した都市の一つとなりました。

 深センは、中国平安保険・ファーウェイ・正威国際集団・恒大集団・招商銀行・テンセント・万科企業・深セン市投資控股有限公司など世界トップ500企業に入る8社があり、「世界レベル企業の故郷」であり、「起業会社のインキュベーター」でもあります。

 深セン経済特別区41周年

 2020年、わが市の総生産は2兆7,700億元超

 世界トップ500企業のうち、300社以上が深センへ投資

 全市の商事主体は累計320万戸を超え、商事主体の総量と密度は全国第1位

 世界の大企業500社にランク入りした企業のうち、深センでインキュベーションしたのは8社(中国平安保険・ファーウェイ〔華為〕・正威国際集団〔Amer International Group〕・中国恒大集団〔チャイナ・エバーグランデ・グループ〕・招商銀行・テンセント〔騰訊〕・万科〔VANKE〕・深セン市投資控股有限公司〔Shenzhen Investment Holdings〕)

 英『エコノミスト』誌では世界4300余りの経済特区の中で最も成功した経済特区に選出

 中国初の「ブロードバンド中国」モデル都市及び情報惠民モデル都市

 『Global Fintech Hub Report 2020』において、深センは世界のフィンテック中心都市の第6位、中国第3位

 『世界都市競争力報告書2018~2019』において、深センの経済競争力は世界第4位

効率的な政府

 深セン市政府は全国で最も効率的な政府の一つであり、法治政府・サービス型政府・廉潔型政府の建設を掲げています。深センは特区立法権の優位性を十分に活用し、公平、透明、ゆとりあるビジネス環境を構築しています。深センは中国初の経済特区として、中国の改革開放の窓口であり、改革開放試験田としての使命を担っています。

 深セン市は市場化・法治化・国際化を目標とし、多くの改革を推進し、行政簡素化と権限委譲を実施し、事務プロセスを最適化しています。全国で率先して商業登記付帯制度改革を推進し、会社設立手続きを簡素化を行い、起業の意欲を引き出しています。企業登録登記期間を20営業日から1営業日まで一気に短縮させました。

 2019年、中国社会科学院が発表した『都市競争力青書:中国都市競争力報告書No.13』において、総合経済競争力指数ランキング1位

 2019年、『都市青書:中国都市発展報告書No.12』において、健全発展指数は深センが全国首位

 『中国法治政府評価報告2018』では、深センは都市法治政府のレベル評価において1位を獲得

 中国都市競争力研究会が発表した2018年中国効率的な政府ベスト10のランキングでは、深センはトップ

臨海エコロジー

 深センは美しい都市で、北回帰線の南に位置しています。熱帯と亜熱帯の境目に位置し、気候は穏やかで快適で、約260キロの海岸線に恵まれています。海風が心地よく、美しい自然環境を有しています。良好な生態環境の上で、「グリーン・低炭素」の発展理念も非常に重視し、より少ない資源・エネルギーでより高い品質の経済成果を獲得することを提唱しています。グリーン・低炭素はすでに深センの都市発展の新しい特質になりました。

 国連に環境保護「世界ベスト500」の一つに選出、中国初の「国際庭園都市」

 深センには「中国で最も美しい8大海岸線」がある

 『ニューヨーク・タイムズ』では世界で必ず訪れるべき31観光スポットの1つに選出

 「ロンリープラネット( Lonely Planet)」では「最も訪れる価値のある10大都市・国」ランキングの第2位を獲得

 『国際人材交流』誌で「外国人に最も人気のある内陸都市トップ3」の一つに選出

 深センは公園1206ヶ所を有し、「千園の都市」と称賛

 万元GDP当たりのエネルギー消費と水消費は中国内陸都市において最低水準に

 深センの空気質量は中国内陸都市において最高レベルに


-