深セン市政府ポータルサイト
深センはこのように、国家スポーツ消費パイロット都市を構築
提供元:  Newsgd.com
発表時間: 2021-10-01 22:10

 2020年8月25日、国家体育総局が国家スポーツ消費パイロット都市リストを発表し、深センがリストアップされた。

 では、どのようにしてパイロット業務を成功させるのか。『深セン市人民政府公報』最新号に『深セン市国家スポーツ消費パイロット都市建設実施方案』(以下、『実施方案』という)が正式に発表され、以下の目標が提出された。2022年までに深セン市では、若干のスポーツ消費を促進する複製・普及可能な典型的経験を形成し、2025年までに、定期的にスポーツトレーニングに参加する市民の割合が40%に達し、スポーツ産業の付加価値が1,000億元を超え、スポーツ産業では全国水準をリードする発展実力を実現する。

  • 市民のフィットネスリテラシーの普遍的に向上。2025年までに、定期的にスポーツトレーニングに参加する市民の割合が40%、市民の体質合格率が92%に達し、全市民の各フィットネス指標が全国の先頭に立つ。

  • フィットネスサイト施設の絶え間ない完備。2025年までに、多くの主要なスポーツ施設を建設し、基層公共スポーツ施設ネットワークのさらなる完備を実現し、スマート化水準がより向上し、利便化の程度も明確に高まる。

  • スポーツ産業の総合利益の大幅に向上。2025年までに、スポーツ産業の付加価値は1,000億元を突破し、スポーツ産業に占めるスポーツサービス業の割合が明確に増え、深セン市経済社会の持続的発展を推進する重要なパワーとなっている。

  • スポーツ消費水準の持続的に成長。2022年までには、一人当たりのスポーツ消費支出が3,500元に達し、2025年までには、市民たちのフィットネスに対する熱意が十分に刺激され、多様なスポーツ消費ニーズがより良く満たされ、スポーツ消費の経済に対する貢献度はさらに高まるだろう。


-