深セン市政府ポータルサイト
香港と内陸部を往来する通関可能者数を引き上げ
提供元:  Newsgd.com
発表時間: 2023-01-19 15:01

 香港特区政府が14日に出した発表によると、春節(旧正月、2023年は1月22日)前に口岸(通関地)を利用する人々の切実な需要に応えるため、香港特区政府は広東省政府と深セン市政府との意思疎通・調整を経て、香港地区と中国本土を往来する第1段階の通関状況に基づき、1月18日から21日までの4日間において、指定された陸路口岸の片方向の通関可能者数を1日あたり50,000人から65,000人に引き上げることを決定した。また、香港・珠海・マカオを結ぶ港珠澳大橋(珠海)の片方向の通関可能者数(自家用車と越境タクシー運転手と乗客にのみ適用)を1日あたり1,000人から2,000人に引き上げたとのこと。


-